CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
ARCHIVES
【A8.net】無料AS会員募集プログラム
MOBILE
qrcode
<< 明日からか? | main | たいふうで〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    らいはち
    0
       
      今日も朝からどよ〜んとした天気で...

      ここんとこ毎日ですけれど
      まあ 何処かに台風があるらしいんで
      しょうがないって事かな?

      先週っつうか今週か?
      マニラ辺りでは洪水で学校閉鎖が普通だった
      ってウチの奥さんが言っていましたけれど...

      ナントカならんモンなんでしょうかね~?

      セブでもマンダウエ辺りは
      良く洪水になるみたいなんですけれど

      ちょっと何して海へ流れるようにしてやれば
      って事だと思うんですけれど...

      まあ なんともならないんでしょうな
      って言いますか

      ナントカしなければいけない方々が
      そんなことは興味が無いって事なのかな?

      へへへ


      アレですな
      イチローなんですけれど
      8番・右翼って事らしいんですけれど...

      子供の頃って
      小学生の3年生くらいまで

      友達と遊ぶって言うと
      野球って言いますかソフトボール?
      だったんですよね

      それがね〜
      嫌で...

      野球だのソフトボールだのが
      好きじゃなかったんですよね

      でもみんながやるって言えば
      他に別もすることが無いし...

      なんだかノビタ見たいかな?

      まあいいや

      で、4年生になってからは
      サッカー少年団にみんな入ったんで
      サッカーになってよかったんですよね

      ボールが大きくなったんで
      コレは別に良かったって言いますか...


      まあいいや


      アレです

      子供の頃
      打順が8番でライトは
      どうにもならない奴のポジションだ

      みたいな事を言っていたんですよね

      幸い野球だのが嫌いだったわたしですが
      その位置にはならなかったんですけれど...

      で、今
      イチローがニューヨークへ
      8番・右翼

      何打席めだかにヒット!

      見たいな記事を見て

      ライハチじゃん!
      と...


      イチロー
      駄目ジャン 寂しいな〜

      じゃあ無いんですけれど...

      ただ もう そろそろ40年近く前になる
      子供のころの事を少しだけ思い出したって言いますか...



      | - | 07:31 | comments(1) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 07:31 | - | - |
        コメント
        私は野球で有名な県立工業高校に入りました。
        当時私の土木科は48人受験して40人合格しました。
        スポーツ入学した野球部員は2名いました。
        かれらは試合前になると授業を受けないで練習していました。
        もちろん放課後は毎日練習をしていました。
        かれらの学力は乏しくクラス最下位でした。
        野球部の先生はかれらによく言っていました。
        「おまえらは野球をするために入学させた。勉強をしなくても卒業できるからまじめに練習をしなさい」
        私は納得できませんでした。
        「こんなあほを二人入学させたおかげでこいつらよりも学力のある8人が落とされた。」
        こんな不公平な理不尽なことは絶対に間違っている。
        それから40年・・・
        いまだに野球が嫌いです。
        野球の選手はみんな裏口スポーツ入学で学力がないバカのスポーツだと確信しているからです。
        | じんむ | 2012/07/29 4:50 AM |
        コメントする